ガレージドッコ技術ブログ

ガレージドッコ技術担当のブログです


フィアット・メディカルCHECK!

2019/11/05


フィアット・メディカルチェックを始めました。

・フィアット専用テスターによるコンピューター診断
・デュアロジック点検およびアキュムレータ老化テスト
・システムキャリブレーション(校正)
・車両基本点検(リフトアップ作業を含む)

☆ 定期点検はまだ先だけど遠出をするので心配だ
☆ 中古でフィアットを購入したので一度専門店で悪いところがないか診てほしい
☆ ガソリンスタンドで車検を通したので心配だ
☆ 警告灯が点灯しエラーメッセージが出たけどすぐに消えてしまった。いつもより力がないような気がする
☆ 朝ギヤ抜けをすることがある
☆ 他にも気になるところが…
お車の気になるところが2つ以上あるときの点検はお得です!


 

【作業内容】
① コンピューター診断
各ECUのオールスキャン(ダイアグトラブルチェック)

② デュアロジック点検(デュアロジック車)
ユニットの目視点検、ECU点検、キャリブレーション(校正)

③ エンジンルーム点検
油脂類、補器ベルト、ホース類等の点検、バッテリー老化測定

④ 下廻り、足廻り点検
エンジン、トランスミッション、ショックアブソーバ等のオイル漏れ、ラジエータ等の冷却水漏れ、サスペンションブッシュ、マウント類の劣化、亀裂等の点検

⑤ タイヤ点検
タイヤの摩耗、亀裂の点検およびエアー調整

⑥ ライト点検
前照灯、制動灯、車幅灯、方向指示器等の点検

※ブレーキは分解整備になるため省略しております。

【価格】(税別)
MT車9,800円
AT車12,000円
※不具合箇所の修理は別途費用がかかります。


 

FIAT 健康診断
フィアット500を始め近年の自動車は無数のセンサーを使いその情報を基に車両のコンピューターがそれぞれのパーツを動かし走行しています。人間で言うと五感で得た情報を脳が処理をして筋肉に伝えるのと似ています。人間は言葉を使い体の調子を訴えますが自動車は言葉で訴えることが出来ないのでメーター内の警告サインを使いドライバーへ故障を訴えます。私たちはフィアットの頭の中を見ることが出来る特別なテスターを使い車両の細部まで点検いたします。それを使うことによって故障個所の発見だけではなく、故障原因の早期発見にも役立てています。

ガレージドッコはフィアット専門の自動車修理工場です。逆に言えばフィアットの修理しか行っていません。当然フィアットの弱点は知り尽くしているのです。他社では解らなかったデュアロジックのギヤ抜け、修理が出来ないと断られた配線修理、時々聞こえる足廻りの異音等を見逃しません!

― 参考 ―
フィアットでは複数のECU(エレクトリック・コントロール・ユニット)が通信で情報の共有をしています。何か車両に不具合が発生するとコンピューターが記憶し、重要な部分はドライバーへ警告を発します。フィアットの専用テスターを使用することによって、現在有る故障はもちろんのこと過去に起こった重要な故障も見ることが出来ます(ダイアグトラブルチェック〉。また各センサーの入出力値、故障履歴の消去、設定の初期化、キャリブレーション等を行うことも出来ます。


 

(WEB担当スタッフ)