ガレージドッコ技術ブログ

ガレージドッコ技術担当のブログです


パンダ1のヒーターコックからの水漏れ

2018/12/22


パンダ1(141)の水漏れの修理です。

オーナーはすぐに気がついたそうでオーバーヒートする前にエンジンを止めレッカー車で搬入してきました。

症状の確認です。

水を足してエンジンをかけるとすぐにバッテリーの下付近から水が漏れてきました。バッテリーを外してみると…


定番のヒーターコックの破損です。

パンダ1のヒーターの温度調節は室内に送られる熱い冷却水を温度レバーで開け締めして切り替える構造です。最近のフィアットの温度調節は、冷却水の経路を変えず風の経路を切り替える構造になっています。

▼ヒーターコック

▼レバーでシャッターが動く構造

今回の故障はこの温度調整するコックからの水漏れで、冷却の経路は常に高温の冷却水が循環している過酷な状態です。

▼接合部が剥がれてしまってる

定番の故障ですが、部品の国内在庫がない場合があるのでご注意を。

(WEB担当スタッフ)