T/B、W/P交換

タイミングベルト及びウォーターポンプ交換のため

グランドプントが入庫しました。

先日他店にて購入されたものの

4万5千キロで一度もタイミングベルトの交換をしていないため

点検を兼ねての依頼でした。

CIMG0442

スペースが十分あるエンジンルーム

アルファのV6やランチアデルタに比べたら楽勝です。

CIMG0453

ドライブベルト、エンジンマウント…と外していくと

すぐにタイミングベルトが顔を出します。

CIMG0460

次にウォーターポンプを外すと…

やはり水漏れをしていました。(赤いのがもれた跡です)

CIMG0461

べっとりと液体パッキンがくっついていました。

それを落として、磨くんですっ

CIMG0462

どうです、綺麗でしょ!

これがプロの仕事です。

CIMG0463

新品を付けて一件落着っ!

CIMG0465

外したタイミングベルトです。

よーく見ると…亀裂が入っているのが分かりますか?

日本車だったら10万キロ走っても、こんなにならないですよ。

CIMG0467

同時交換したタイミングベルトのテンショナーベアリングです。

左が古くて、右が新品です。

改善されているのが分かります。

まあ、ヨーロッパ車じゃよくあることですよっ

CIMG0474

最後に追加で依頼されていたミッションオイルを交換して完成ですっ!

ちなみにこの車デュアロジックと言って、普通のオートマとは別物なんです。

ミッションは完全なマニュアルミッションでそれを油圧でギアチェンジ、半クラッチ…と (?_?)

いわゆるアクセルとブレーキの2ペダルのマニュアル車と言った感じです。

 

結論、なかなか状態のイイ車でした。

大事に乗って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。