ニードルスイープって?【フィアット500編】

ニードルスイープって知っていますか?

イグニッションキーをONにした時にメーターの針が一度大きく振れる機能です。

ニードルスイープの目的は、キーをONにした時にインパネのランプが一斉に点灯する事と同じで、針が正常に動くか、目盛りとが合っているかなど点検する機構です。

国産車では一般的になりつつあります。

本来の目的より、ドライバーへの演出が主になっているのでしょう。

 

フィアット500には装備されていませんが、エディットボックス ポジションランプシステム EB-P01 を取り付けると、キーをONにした時にニードルスイープが働きます。

▼ニードルスイープ

どうですか?

いいでしょう。

エディットボックス ポジションランプシステム EB-P01

ZFA31200000742588以前の車体のみ対応です。

(WEB担当スタッフ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly