ムルティプラのパーキングブレーキ

ムルティプラのパーキングブレーキはドア側にあります。

DSC_0123-1

慣れるまでつい左手を動かしてしまいますね。

 

ムルティプラのパーキングブレーキのスイッチは、よく接触不良を起こしてメーター内にあるブレーキ警告灯が点灯しなくなる事があります。

P1190079

P1190081

 

スイッチの接点不良なので、接点を磨いてあげると直ります。

スイッチは単純な構造なので分解は簡単です。

P1190077

P1190076

接点を磨いて終了。

組立はスプリングがあるので大変ですが、これでスイッチ不良は直りました。

 

 

では、点灯しなくなったらスイッチを疑いますが、逆に点灯しっぱなしになったらどうでしょうか?

パーキングブレーキの解除し忘れだと思いますよね。

しかしブレーキも解除されているとしたらどうでしょう?

DSC_0133

この赤いビックリマークはパーキングブレーキの表示以外にブレーキ液量警告灯も兼ねています。

この点灯しっぱなしになった時はブレーキ液の不足を示しています。ブレーキ液が不足すると、ブレーキが効かなくなるので至急点検が必要です。

 

▼ムルティプラのブレーキ液のタンク

DSC_0135

 

フィアットのメーターにマルチファンクションディスプレイがある場合には、赤いビックリマークと共に「BRAKE FLUID LOW」や「Brake fluid level insuff」等のメッセージが表示がされるので何かある事を知る事が出来ます。

 

▼取扱説明書にも記載されています。

P1190906

取扱説明書にはハンドブレーキと書かれていますね。

説明書は車を購入した時に読んだきりだと思いますが、改めて見返してみると新たな発見があるかもしれませんよ。

(WEB担当スタッフ)

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly