ヨーロッパ車のホースクランプ

ホースクランプ、あまりなじみの無い名前ですが、ホースバンドと言えば知っているでしょう。
band-slit-jpg
水道のホースが抜けないようにする時に使いますよね。
ホームセンターでも売っているのでなじみ深い商品です。

 

自動車のエンジンルーム内では、ホースクランプとも呼んでいて、こんな感じでたくさん使われていますね。
P1110844 P1110842
サイズが決まっている所にはこの様なバンドの方が締め付けトルクの管理が必要ありません。

 

写真以外のタイプもたくさんのホースクランプが使われていますが、フィアットを含むヨーロッパ車でよくつかわれているホースクランプがこれです。
P1110883 P1110447

フィアットで使われているこのクランプは、CAILLAU(カイルー)と言うフランスの会社。
そして、Clic R という商品です。

引っかかるところが一ヶ所なので、サイズ指定ですね。「R」 タイプは溝に突起が引っ掛かっているのでサイズ(トルク)保証になります。センターの色のラインはバンドの大きさの種類分けですね。

P1110902 P1110916

 

細い所には、一般の CRIC が使われています。

P1110903

 

これを装着したり外したりするのが、意外と大変です。

P1110443 P1110446

 

専用工具はこんな工具。クランププライヤーです。

draper-89791-180mm-clic-and-clicr-hose-00069299L

 

当店の工場ではこの工具が無いので、別の工具で代用しています。

この工具、切る為の工具でしたが、硬い物を切ろうとして刃が欠けてしまいましたが、このバンドにはちょうど良い具合に引っかかかり取り外したり装着したりすることが出来ました。

P1110445

この工具、使えるのですがもう少し開いてくれると使いやすいのですが…

 

クランププライヤーもいくつかは持っているのもありますが、専用工具に近い存在なので種類がたくさんありますね。
クランププライヤー

少しづつ揃えていきたいと思います。

 

 

QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコ stile Fへ

神奈川県大和市深見西8-1-23
電話:046-263-4000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly