ムルティプラ、ベトベト修復(完結編)

こんにちは、店長のタケローです。
以前、ムル君の内装ベトベトを再塗装をした記事を載せました。

憶えていますか?

ベトベト対策は実はまだ完成していなかったのですっ!
1
矢印の箇所が前回までに塗装したものです。
今回はセンターパネル本体とエアコン吹き出し口を塗装したいと思います。

慣れたもので、30分ほどでバラバラに分解しました。
2
細かく分解するとかなりの点数になります。

そこへ溶剤をスプレーで「シュッシュッ」と、
3
全体に染み込むように、何度も何度も…

細かい部品はまとめて溶剤に浸けます。
4
ちなみにこの溶剤がムルティプラを始め、当時のヨーロッパ車達を悩ませているベトベトを剥離する溶剤です。
成分は…
ごめんなさいっ!企業秘密です。

浸透した頃にブラシを使って軽く擦ると…
5
面白いようにベトベトだけ剥がれ落ちます。

そして塗装です。
6
下塗りのサフェーサーを吹き、乾燥したらメインのカラーです。

細かい部品はキレイに並べて一気に塗装っ!
7

 

 

ジャーン! ついに完成ですっ!
今まで目を背けていた内装が、見入ってしまうほど美しくなりました。

8
完成までに、とにかく時間手間はかかりました。
でも仕上がりを見ると、やって良かったと心から思いますっ \(^o^)/

 

今回「ベトベト」反響が大きかったため、ご希望のお客様に提供することに致しました。
当社に塗装ブースがないため、多少のブツ(ホコリ等)が入る場合があります。
作業には1週間以上頂きます、代車のご用意ができない場合もありますので事前にご連絡下さい。
カラーはご相談下さい、2色を基本としますが3色4色も可能ですよっ!
金額は、センターパネル及びシート裏トレー、純正オーディオ無しの場合、塗装箇所限定等…お問い合わせください。

ご連絡お待ちしております m(_ _)m

 

次はドアハンドルの「かさかさ対策」に取り掛かるかな…

 

QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ バルケッタ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコ stile Fへ

神奈川県大和市深見西8-1-23
電話:046-263-4000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly