マクラーレンP1

本日、陸事に継続検査(車検)を行ってきました。

検査は印紙を買って、書類を出して、レーンに沿って検査を受けるだけなので、回数を重ねてくると面白みが無くなってきます。

 

しかし陸事に行く楽しみが他にあります。

それは珍しい車を見る事が出来るからです。

 

今回は、F1で有名なマクラーレンです。

いい音がするスポーツカーがいるな―と思って見ていました。

しかし、よく見てみると見慣れない車種。帰ってからさっそくネットで検索。

 

見つかりました。マクラーレンです。

 

マクラーレンとは1968年にニュージーランド出身ドライバーのマクラーレンさんがイギリスで設立したレーシングチームです。

じゃ、マクラーレンって市販車作っているの?

って思うのですが、それが作っているのです。

1990年にマクラーレン・オートモーティブとして設立されています。

日本で発売しているバリエーションは5車種。

こんな感じ、全部スポーツカーですね。

マクラーレン

 

今回陸事で見かけたのは、この中の最新モデルで去年発売された「P1」です。

生産台数は世界中で375台。

こんなにすごい車だったのか。。。もっと良く見ておくべきだった。。。

P1120236

3.8リッターV8ツインターボ、737PS。

これだけでも、驚くパワーなのに、これにハイブリッドシステムのモーターが搭載されていて、そのモーターが179PSなので合計916PS

0-100km/h加速が2.8秒 0-400m加速が9.8秒 最高速度350km/h(リミッター作動)

一般人にはこれがすごいのかすごくないのかまったくわかりませんね。

 

一般人に良くわかる驚くの事は価格です。

なんと、96,615,000円です。 ん?数字が多くてよくわからないって

要するに約1億円ってこと。

フィアットが何台買えるのでしょうか?

これは消費税を含んでいるんでしょうか?消費税が5%から8%になると約300万アップですよ!

なんて庶民的な事を心配したりして…

 

陸送の仕方も1台を運搬するのに大型のウィング車。なんとも贅沢ですね。(1億円の商品を運ぶんだから当たり前か)

P1120238

こんな車の納車はビビっちゃいますよね。

 

それにしても、こんなすごい車が相模陸事に登録に来ているって事は、いつかこの近くで見かける事があるかもしれませんね。

mclarenp1

 

ドイツのニュルブルックリン北コースで市販車としては世界最高峰の7分以下のラップタイムで周回する事に成功したそうです。

 

ナンバーを付けて走る車じゃなさそうですね。

 
QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ バルケッタ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコ stile Fへ

神奈川県大和市深見西8-1-23
電話:046-263-4000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly