ブーツの劣化

自動車の部品にはブーツと呼ばれるゴム製のカバーがあります。

このブーツは車体の下回りに何か所も使われていて、ステアリングやサスペンション等の可動部のグリスを雨やほこりから保護する為に使われています。

P1160560

ドライブシャフトのブーツはサスペンションの上下やステアリングの左右に耐えながら回転しているので、ブーツには過酷な所です。
P1160597

ブーツの中身はグリスまみれのローラーとベアリングが入っています。
走行中のドライブシャフトは高速回転をしているのでブーツが劣化し亀裂が入ったりすると、裂けたところからグリスが飛び散ってしまいます。
P1160580

その他にもこの様な所で使われています。
P1160594 P1160592 P1160593

このブーツの劣化は、リフトアップしてチェックをしないとわかりづらいです。

そして、ブーツの劣化は車検時の点検項目入っている為、破けていると車検が通りません。

走行距離が少ないから愛車も傷んで無いだろうと思っていてもゴムの老化は防げず、フィアットの場合ブーツのみの交換が出来ない部品も多々ありますので注意が必要です。

 

QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ バルケッタ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検、デュアロジック
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコへ

神奈川県大和市深見西8-6-16
電話:046-263-4000

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly