半世紀前の試作車「パブリカスポーツ」の復元

パブリカスポーツの記事、とても興味をそそりました。

パブリカニュース

publica_02
 参照:トヨタ博物館

 

 

トヨタパブリカと言う車は免許取りたてのころパブリカトラックが走っていたぐらいで、その他の記憶はほとんど無いです。
少し調べてみると、初代は私が生まれる前の1961年から69年まで50年も前ですね。
800px-1963_Toyota_Publica_01
参照:wikipedia

 

 

2代目は1969年から1978年
このモデルはなんとなく記憶にあります。カローラ顔ですね。
パブリカトラックはこの顔していたような…
2ndPublica
参照:wikipedia

 

 

でもって、今回の記事のパブリカスポーツですが、
開発当初はパブリカスポーツの名称で進められていたそうですが、量産時にはS800の名称になりました。
なので、S800とそっくりです。
publica_04
参照:トヨタ博物館

 

 

このパブリカスポーツは幻のスポーツカーと言われていて、1962年の東京自動車ショーに出展されました。
ドアは無く屋根全体がスライドして乗り降りする、航空機を思わせる斬新なデザインです。

このパブリカスポーツは試作車とし2台しか作られていなく、車体は現在は残っていなく図面すらわずかにしか残っていなかったそうで、トヨタでは復刻させる為に、トヨタOBが集まり当時の写真などを集め作り上げたそうです。

 

愛知県にあるトヨタ博物館では4月6日までこのパブリカスポーツの展示を行っています。
パブリカスポーツ復元の軌跡~夢を繋ぐ~
トヨタ博物館

復刻に関わった方々は定年を過ぎた先輩方々ですが、日本人のこの『ものづくり』にかけた思いを引き継ぎたいですね。

 

 

QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコ stile Fへ

神奈川県大和市深見西8-1-23
電話:046-263-4000

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly