グランデプントのパワーステアリングユニットは対策品に変更?

グランデプントの不具合の一つに電動パワーステアリングの故障があります。

以前にもパワステの修理の記事を書きましたが、今回もパワステの不具合で入庫しました。

今回のグランデプントは2ドアの16Vスポーツです。

 

今回は完全修理をご希望されたので、新品の部品を使い修理しました。

ステアリングユニットの取り外しは、以前の記事にも書きましたが知恵の輪のようで一筋縄では外せません。かなり苦労して取り外します。

P1140988

 

ステアリングユニットを発注した時点で部品番号が変わっていたので対策品になったのでしょう。外したステアリングユニットと新品のステアリングユニットを比べてみると少し変わっています。

ステアリングシャフトの付け根についていトルク、アングルセンサー辺りが変わっています。

上下さかさまで手前のはアジャスターが付いていますが、
奥が取り外した古いステアリングユニット。手前が新しいステアリングユニット。
新しい方にはセンサーから出ていた紫色のケーブルがありません。
P1150003

右が取り外した古いステアリングユニットで、センサーから出た紫色のケーブルが裏側のコンピュータに接続されています。
P1150002

 

この紫色のケーブルが付いているセンサーはよく壊れるので対策を施した可能性もあります。
従来品はセンサー部分が取り外せるのでセンサーのみの交換も可能ですが、対策品ではセンサーのみの交換は出来ないと思ってよいでしょう。

 

新しいステアリングユニットを取り付けたところ。
P1150008

 

このステアリングユニットの形状が少し変わった為にハンドル下のカバーも交換が必要になってきます。
なお、ガレージドッコではグランデプントのすべてについてステアリングユニットが新しくなったかは把握できていません。

 

 

QUBO DOBLO 500L PUNTO PANDA ABARTH ムルティプラ バルケッタ
新車、中古車、並行輸入車、修理、車検、デュアロジック
フィアットの事ならFIAT専門店のガレージドッコ stile Fへ

神奈川県大和市深見西8-1-23
電話:046-263-4000

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly